ゲーム大好きダメパパ日記 最近は爆丸にハマリ中><
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
情けないやら悲しいやら・・・
2010-06-09 Wed 23:36
さてさて、先週末から函館人にHOTな話題
「二十間坂の自由の女神」

概要をサックリ説明すると
函館観光の顔的存在である「二十間坂」
その坂の頂上(沿道ではなく突き当たり)に地元水産物販店が新規出店したんだけど
店舗横に高さ6m程の自由の女神像を設置
函館の景観を愛する方々から疑問・不満が噴出・・・
という話題です


ほんとにもう・・・
何と言ってよいのやら・・・


函館山周辺の観光地の中でも
二十間坂といえばランドマーク的な存在

しかも・・・
かめ?は、その界隈で生まれ育ったのです・・・
亡き母との思い出の1シーンにも登場する坂
いわば、心の原風景

本当にもう、脱力しまくりですわw


そんな、かめ?の纏まりの無い所感ですwww

事の経緯を説明する前に
二十間坂の特異性の説明から・・・

函館といえば観光地
色々な媒体に取り上げられる機会も多いけど
函館のイメージとして、どんな「画」が思い浮かぶだろう?

函館朝市、赤レンガ倉庫(ベイエリア)、西部地区の坂道と協会群、函館山、路面電車。。。。。

他にもあるだろうけど、これらがメジャーなのかな?と思う

グーグルマップなどで観てもらえれば一目瞭然なんだけど
これら観光的「画」を繋ぐ一本の道がある

函館駅から朝市の横を通り、ベイエリア近郊のホテル前を通過し
金森倉庫など佇むベイエリアを通り、路面電車の軌道を跨ぎ
寺院や教会が立ち並ぶ坂を上り、函館山ロープウェイの山麓駅に通じる道だ

もし、函館に観光で訪れ、これら西部地区を散策するとしたら
間違いなく通る道だと思う


二十間坂というのは、まさに、このルート上に位置する坂で
観光客を迎え入れる坂である
函館を訪れる方々の記憶として残る重要な要素の一つである

また名前が表すとおり、この坂の幅は二十間(約36m)あり
これには、昔から大火の多かった函館で大火時の延焼を防ぐ目的で
防火帯として区画整理されたという歴史があったり
この道幅を利用して、函館山要塞に大砲を運送するのに使われたとか
函館の歴史を語る上で欠かせない存在である

こういったことから、かめ?にとって、二十間坂は函館にとても重要な坂の一つと認識しており
また、函館の歴史や景観、そういったのを大事に思う市民の方々にとっても同じだと思う
(まあ、かめ?は前述のとおり、更に輪をかけて特別な意識を持っておりますがw)

ついでに、二十間坂周囲のエリアは
ハリストス正教会やカトリック教会、公会堂や東本願寺、倉庫群などの建物を保護する目的の
「伝統的建造物群保存地区」の地区指定がされており
二十間坂自体は、これら伝建地区を取り囲むように指定されている
「都市景観形成地域」の一部に該当します

要するに「函館のイメージを大事にするために皆で気をつけましょうね^^」というエリアって事ですw




事の始めは6月5日(土)の事だった
西部地区で働いている友人から電話アリ
「ちょww 二十間坂の上に自由の女神が立ってるんだけど 何?www」
「うそ?w まじ?ww」
ピンと来る要素はあった
二十間坂の頂上には、昔、土産物屋があって、今は更地になっていたんだけど
近々、地元の水産物販店が出店すると小耳に挟んでいた
その店というのが、いわゆる「観光客商売」で売り上げを伸ばしてきた店
ホテル前やベイエリアの一角など数店で商売をしているんだけど
個人的感想としては「あまり品の良く無い商売」をしていると認識していた
店舗なんかも派手な看板やらで、地区の街並みとして浮いているのだ
ただ、前述のとおり、該当地は市の指定地域内だし
変な店にはしないだろうと思っていた
(実際、店舗デザインに関しても市側は色々要望して何とか落ち着いたらしいし^^;)

で、「自由の女神像を設置」 予想の斜め上でしたwwwwww

多分に興味をそそられたので、その日の内に現地に行って見ましたさw
(慌てて見に行ったのでカメラ忘れたけど><)
実物の画像に関しては適当に「二十間坂 自由の女神」あたりでググってください
函館のブロガーさん達が色々報告してくれてます^^;

なんでしょうね、この安っぽい感じw
通販番組で海外から直輸入でもしたの?って感じ?w
妙にズングリしてる気もするし
そもそも、函館と自由の女神、そして水産物販店
しかも、この位置に・・・
必然性というか何と言うか、
自由の女神を肯定すべき要素が見つけられないというか
その前に・・・どうしようもない圧倒的な拒絶感www

で、思うのだが
この店のオープンは6月8日(火)となっており
大体、その1週間前くらいには建物の検査とかで、市のチェックが入っているだろうから
今回の像設置は「それら市のチェックが終わった間隙を狙って設置」なんだろうなぁ
これだけの物だったら、思いついてから発注→製作→運搬→設置という段取りを考えても
かなり前から準備しなきゃ無理と思われ。。。
本当に計画的と言えるだろう
で、市側も市民も「寝耳に水」なのだから、それまで伏せていたという事は
店側も「胸張ってセーフ!ではない」という認識をしていたんだろう?^^;
じゃなきゃ、こんな騙まし討ちみたいな設置の仕方しないでしょ?
んで、本当に市民の方々からヤイノヤイノ言われているんだから、
そういうリアクションが起きることは、想定してたって事でしょ?

設置する物自体のセンスもどうか?だけど
その設置の仕方、やり方がまた、気に喰わないwww

しかも、設置早々に地元新聞で扱われてしまったんだけど
記事内で社長さん曰く
・広告物ではなくモニュメント
 (広告の場合、景観上の届出とか必要)
・よって法令に違反はしていない
・景観を害しているとは思わない
・教会や寺院があるのに自由の女神は何故ダメなの?
みたいなコメントが出たそうです。。。

そういうレベルなんですな、この人^^;
そして、同じ函館で生活しているんですな 悲しい (ノД`)シクシク

どういう目的、主義主張があって自由の女神を設置したのか語って欲しかった

函館の魅力に惹かれて訪れる観光客を相手に商売をしていて
そういう人がこの像を見て、どう感じ、函館をどう思い
そして、自分の商売にどのように跳ね返るのか
そういう考えを、どうお持ちなんだろう?

函館の魅力として坂上からの景色があると思う
過去にCMなど撮影されたことは数知れず
基坂、八幡坂、大三坂、二十間坂
どれも、港を見下ろす坂としては1級品の坂だ
二十間坂というのは、そういう坂だ
そういう坂を目当てに訪れる観光客が
ワクワクしながら函館を訪れ、二十間坂を見上げた時に
そこに鎮座する自由の女神
それを見て、どう思うだろうか?


かめ?のような素人が、どうのこうの言うのも可笑しいだろうけど
少なくとも今回の女神像は、この店にとっても、函館にとっても
プラスにはならないだろう
函館を訪れる人、また、迎える市民にとってもマイナスだろう

効果があるとするならば、一時的にこの店の名前が記憶されるだけだ
良い意味か悪い意味か、いわずもがなだけど・・・



景観については、函館は昔から色々あった
バブル期にマンション計画が林立し揉めた事もあった
その都度、景観を損なうだの守れだのあって、景観条例ができたりもした

景観を大事にするのは昨今の流れでもあるし
国内各所で、こういった動きにはなっている
しかし、かめ?的には、こういった全国各地の景観と
函館の景観は違うと思っている

函館外の歴史的景観の魅力というのは、武家屋敷だったり城下町だったり
その街の成り立ちが、元々の地域の生業に基づき、積み重なったものだというのに対し
函館の場合は、五港開港を契機に外国人が渡航してきて、
領事館だったり教会だったり、異文化を受け入れて発展してきたものだからだ

昔から教会群があり、和洋折衷な家屋が立ち並んでいた訳じゃない
その前は、普通に日本的な家屋が並ぶ、普通の港町だったのだ

その中で、異文化が流れ込み、各種施設が立ち並び
周辺の家屋も洋風建築を部分的に取り入れたりして
所謂「ハイカラ」な街並みが出来上がったのだ

当時の人々からしてみたら、充分その当時から
「街並みに合わない建物が・・・」だっただろう
もちろん、当時は景観なんて概念は無かっただろうがwww

でも、何故受け入れられたか?
それが「函館の街」として、何故慈しみ守られてきたか
その異国の文化が、そして街並みが「良いもの」だったからだろうと思う
ようするに格好よかったからだ 「粋」だったのだと思う

函館はそういう街だと思う
多少、現況の街並みに合わなくても
それが「粋」で良いものであれば受け入れ
自分達の一部にしてきたのだ


今回の自由の女神に「粋」はあるだろうか?
安っぽい強化プラスチック製
バランスが悪く、美しくない立ち姿
地域との脈絡、必然性を感じる事の出来ない主題性
かめ?は「無粋」に思えてしょうがない


今回の像が、かなりグレードの高い物だったら?
また違った展開になっていたかもしれない
(個人的には水産物販なんだし、イカール星人のほうが万倍マシだと思うwww 面白いしw)


函館にとって大事な場所で、深く考えることもなく
安易に適当な像を設置して、話題性を喚起し
自己の店舗の一時的な売り上げを優先する
しかも、それが他所の業者ではなく地元の業者だという。。。

なんと情けない。。。 
なんと悲しい事だろう。。。

そういう街なんですな残念ながら。。。


※ 函館と自由の女神について
  確認取れてないので噂レベルだけど、何か繋がりがあるらしい
 「 函館に米軍が占領軍として駐留した時に、その部隊はニューヨークの部隊で
  隊章に自由の女神がデザインされていた。
   駐留軍が拠点として接収した建物が、二十間坂にあった今のレストラン五島軒」
  だそうです。。。
  本当だとしたら関連性がある事になりますな
  すっごく細い繋がりですがwww
  てか、五島軒が女神像を押し出すなら解るが
  水産会社とはつながり無いじゃんw
  しかも、本家の五島軒はバリバリ現役だし
  所縁の泥棒になりゃしないのか?www

※ 何かダラダラと書いてたらネットニュースとかでも取り上げられてるwww
  函館市、自由の女神像に行政指導 伝統的町並み地区に設置
  地元の恥を晒すの嫌だけど、良い流れになってくれればいいな♪
  
今後の展開に注目!www
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<ナジラレ太郎の明日へジャンプ!www | 「かめ~」の百万ドルの夜景 | ミニ本ゲット^^>>
この記事のコメント
イカール星人に函館は破壊されていないようでよかった。よかったw
2010-06-11 Fri 09:25 | URL | 不良なひと #2WdbYHDY[ 内容変更] | top↑
MADさん

ぐふwww
イカール星人 認知されてるwww
嬉しいやら 恥ずかしいやらwww
2010-06-12 Sat 09:10 | URL | かめ~ #-[ 内容変更] | top↑
みたよみたよ、ニュースでやってるのみた!
社長さん、なんだかちょっとガラの悪そうな方だったもんー

函館はとっても景観の美しいところだから、
あまり奇抜なことはしてほしくないよね。
2010-06-12 Sat 23:41 | URL | みや #iTjQ6kIY[ 内容変更] | top↑
みやさん

ニュースでも流れたんだ・・・(;´Д`)ハジカシー
なんか、市も異例の速さで対応始めたみたいだし
市民による撤去要望の署名集めも動き出したみたい^^;
2010-06-13 Sun 08:35 | URL | かめ~ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 「かめ~」の百万ドルの夜景 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。