ゲーム大好きダメパパ日記 最近は爆丸にハマリ中><
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
バランス
2010-04-24 Sat 02:12
自己嫌悪しながら独り言

小学時代 5年か6年の出来事

クラスメートにAという男がいた
確かなことは知らないし、当時の噂だったかもしれないが
彼の家は貧乏との事だった

確かに洋服はいつもボロだし
近くにいると何だか嫌な臭いもしていた
勉強もあまり出来なかった方だと記憶している

クラスの女子はみんな嫌っていたと思うし
男子でもあまり近づくやつはいなかったと思う

そんな彼だったが、自分はあまり嫌いではなかった
将棋がベラボウに強くて少し尊敬もしていた

何より彼はいつも明るかった
汚れた黒い顔で、鼻水を垂らし
擦り切れた服の袖で拭きながら
彼はいつもフザケテ笑っていた
非常に「お調子者」であった

もしかしたら、あまり好まれていない自分を知っていて
少しでも・・・という事なのかもしれない

何年の頃か忘れたが
彼と隣同士の席だったことがある

その時、一度、彼が教科書を忘れ
隣の自分が教科書を見せるため
自分の机を、右側の彼の机にくっ付けた


その時の科目は、何だったか覚えていないが
自分は好きな科目で、集中して勉強したいと思っていたことは覚えている

そんな中、彼は授業中であるにも関わらず
何時ものように、酷く悪ふざけして、自分にちょっかいを出してきたのだ

好きな科目への集中を乱されたこともあり
自分はたいそう立腹したものの
彼をたしなめようとしたが、彼はその反応が面白かったのか
更にエスカレートしてしまったため、悪ふざけは更に悪化した

遂には先生が彼に注意するまでに至るのだが、彼は悪びれずフザケ
当時の担任は、他クラスの生徒にまで悪評で有名な鉄拳制裁の先生だったので
彼を案じた自分は、何とか納めようと、大人しくなるよう注意したのだが
彼はまったく悪ふざけを止めることは無かった

何で彼は自分の言う事を聞いてくれないのか
彼の事を思って注意しているのに・・・

そう思っていると、自分の変化に気付いた

その時、自分は右側の彼を注意するために右側を向き
左手は机の教科書の上
右手は椅子の背もたれを掴んでいる・・・はずだった

右手が頭の横まで上げられ、拳は強く握られ
まさに彼に対して振り下ろされる寸前だったのだ

自分は何をしようとしているのか

しかも、それに気付いてなお、
自分はその拳を振り下ろすのを止めるべきか迷っていることに気付いたのだ

刹那、担任の本気の怒声が教室中に響き
彼が大人しくなったため納まったことは幸いだったと思う


が、その時、はじめて自分に愕然とした

それまで、本気で人を殴ろうと思ったことなんて無かったからだ

その時、自分の中にある攻撃的な自分に気付き、驚いたのだと思う


自分の思い通りにならない怒り

また、その表現として暴力という選択


そういったものが自分の中にあった


幼い頃から短気という自分の性格の欠点は知っていても
他人を傷付ける行為をとりうるという可能性の認知

当時、これは正直キツカッタと思う


当然、拒絶!


自分の中に、それを受け入れられなかったのだろう
そして誰にも打ち明けることは無かった


それからは、自分のダークな面を認めつつ、それが発露しないようにしていたと思う

「隠す」のではなく「溶かす」のだ



それから暫らく後の話

暫らく後といっても、やっぱり小学時代の話
しかも、たいした事は無い、要は子供のケンカ話だ


当時の他人からの自分の印象は「面白い人」だったと思う

末っ子の人には経験が多いと思うけど
生まれたときから、年上の兄弟と接していたりして
小学時代だし、同年齢の子供に対して、どうしても単純さを覚えてしまうのだ
話の流れや展開で、最終的な部分がみえてくると
会話を先回しして誘導し、自分が用意した落ちまで持っていけるのだ

特に女子との会話などは、男子同士の妙な見得の張り合いなども無いため
途中でひっくり返ることも無く、非常にウケが良かった

まあ、そんなこんなで「女子ウケの良い男」に嫉妬した奴が絡んでくるという、単純な話だが
その時のは、非常に陰険でシツコイものだった

朝から昼休みまで、それは続き
我慢してきた自分は遂に昼休み中に切れた

ダークな自分が出てしまったのだ

体育館で遊んでいた自分に対し、入口付近で聞こえるように大声でナジル友人に対し
切れた自分は走りより、掴みかかり引き倒し、馬乗りになった
その時は、女の腐ったような彼をぶん殴るつもりだったのだが
いざ、馬乗りになってしまうと、彼は怯え、半分泣いている
そのまま殴っても良かったのだが、彼を見下ろしながら
「この拳で彼を殴ったら、彼はさぞ痛かろう・・・」
そんな事を考え、そのまま彼から降りた

優しさを引き出した訳じゃない

殴られた彼を想像し、可哀想に思う事で
自分の怒りを「溶かした」だけ

彼を許した訳ではなく、自分を守っただけ

要するに「偽善」だ


この一連の、自分のとった行動を把握した時にも、やはり愕然とした
それ以来、何をしても心の奥底で自分をナジルのだ

お前のやっていることは全てマヤカシだ
他人のための行動なんて、結局は自分を良く見せたりするだけの事
お前は自分のために計算して行動している
お前は偽善者なのだ



それから後、自分は自分の演者のように感じるようになった
頼れる人、面白い人、頑張る人、良い人・・・・
そのように演じているのだ

そこに偽善は無い、演じているだけだから、自分ではないのだから

今度は自分のダークな面だけではなく、自分自身を「溶かして」いるのだ


ある意味、自分の人生にリアルを感じなくなる瞬間がある
まるで、映画を観ている様に、自分の「今」が進行していたり
まるで、自分の過去が与えられた設定のように感じたり
色々な可能性が考えられ、良い自分でいたり、悪い自分でいたり
それを、TVのチャンネルを切り替えるように
いくらでも演じることが出来るように錯覚する瞬間がある



本当は自分はどうしたいのか、どう扱われたいのか解らない



いや、良い人であろうとしているんだろうけど・・・・
それが本心なのか、演技としてなのかわからない・・・・



そんなこんなで生きてきたものの
現実社会では30過ぎのおっさんだし、家庭もあるし・・・
無責任なことは言ってられないのも解ってる

キチンと現実を把握し、責任ある行動をとらなきゃいけない
いつまでも演者じゃダメだ
自分の行いは自分の責任に成り立つのだ

その考え方自体が演技なの?という疑念は拭えないけど・・・


でも、リアルに生きていれば嫌なことはいくらだって起こる
何不自由ない生活が理想だろうけど
何不自由ない生活・・・何の苦労もしなくていい生活・・・
それってリアルに生きてるのか?生きてることになるのか?
苦しみもがくからこそリアルなのでは???

ちと脱線してた


でも、リアルにもがき苦しむとして
その時、根本にあるダークな部分は?
それが爆発しそうになったら、どうすんの?
どう溶かせばいいんだろう?

自分ひとりで溶かしきれるのだろうか・・・


自分の器がどれ程なのか解らないし
自分をどれだけ信じられるかも解らない
不器用に迷惑顧みず、這いずり回りながら生きるしかないのだろう


とりあえず、明日の朝起きたら、嫁に謝ろう
そこから始めよう



かなり意味不な文章だし、内容も幼稚で死ぬほど恥ずかしいが
今夜のペナルティとして、この記事は晒しておこう (ノД`)シクシク





スポンサーサイト
別窓 | 独り言 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<子ガメ1号 授業参観いてきたヨ! | 「かめ~」の百万ドルの夜景 | 身が入らない・・・>>
この記事のコメント
文面から察するに、奥サマと衝突してしまいましたか?

人間は誰でも裏と表を持っているものです。
それに誰しも嫌な部分は「隠したい」「溶かしたい」と思っているでしょう。
そういうのを全て受け入れるからこそ「夫婦」であり「家族」じゃないでしょうか。
かめ邸の様子を日記で見る限り、そこらは大丈夫なんかないかと思うけど。

「根本にあるダークな部分」。。。おそらく日常のストレスがそれを増大させているのかも。
そこに関しては、自分も良いストレスの発散方法を見つけようと毎日模索中。
なかなか「これだっ!」ってのが無いけどネ。

ちなみに、自分もカミさんや家族に対して言いたい事は山脈1つ分はある(笑)
言いたいけど今は言えない。。。って感じでイライラする事も多数。
自分に同じ事を3回言わせるような状況になったら、その時爆発するようにはしてるけど。。。それが良いのか悪いのかは判らないし、爆発した後に自己嫌悪に陥ったりもしてる。
けど、言わなきゃずっとそのままだし、それじゃいけないと判断してるから。。。まぁ自己弁護に過ぎないのだろうけど。

とにかく、まずは話そう。

追伸。
下世話な表現になるけど、夫婦ならではの仲直り方法はかめさんも知ってるハズだよね(笑)
2010-04-24 Sat 06:40 | URL | HURRY #9jlArShQ[ 内容変更] | top↑
夫婦喧嘩しちゃったのね><
瞬間的な怒りの感情はだれでもあるから仕方がないと思う。
ただ、対外的な場、公の場では制御できるけど、
身内には安心・甘えから御せない事が多いですね^^;

↑は自身の事ですがねw
2010-04-24 Sat 10:16 | URL | 不良パパ #2WdbYHDY[ 内容変更] | top↑
はりさん

いやいや~ お恥ずかしい><
夫婦喧嘩にもなってないような一人相撲なんですなwww
期待値と現実値とのギャップとでも言いましょうか。。。
まあ、おいらが大人になりきれていないだけの話なのでしょう・・・(´・ω:;.:...

ダークかめ~の件でドメスティック的な流れを想像させたかもしれないけど
そういうことはないので安心してくだされ
カウンター用の椅子はそこらに蹴り飛ばされたけど・・・
スネが痛いです><

仲直り方法。。。
それが一番のストレスって落ちも面白いかもwww

2010-04-26 Mon 21:50 | URL | かめ~ #-[ 内容変更] | top↑
Madさん

あぁ~ Madさんにまで余計な心配を・・・アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
夫婦喧嘩にもなってないのよぉ~
勝手に切れてプンプンツンツンして
結果、残念な人になってしまっただけなんですわい><

で、なんで自分は~と自己嫌悪しながら昔の事を思い出しつつ
良い人であろうとする自分、それが報われていないと感じる自分
そんな自分の中のバランスの悪さを嘆いていたの><

まあ、お子チャマなのですよ (ノД`)シクシク
2010-04-26 Mon 21:58 | URL | かめ~ #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-04-27 Tue 15:52 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 「かめ~」の百万ドルの夜景 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。